社会福祉法人豊芯会は「ひとりひとりの自己実現」のために、地域社会と共に歩み続けています!

サイトマップ リンク集
ホーム > 事業の紹介 > ハートランドみのり > てあとるみのり




てあとるみのりとは?

地域活動支援センターⅢ型ハートランドみのりを拠点に、障がいのある方、事業所職員、学生、地域住民、俳優を目指す演劇人など、様々な立場の団員が一体となって活動している劇団です。

2008年の結成以来、「人は変われる」という理念のもと、10回を超える公演を行ってきました。障がい者を対象にした福祉(リハビリ)的演劇とは異なり、チケットを販売、一般の方々を集客し、90分以上の作品を上演する本格的な劇団形式で運営しています。 もちろん、どのような立場の方でも参加可能です。「変わりたい」という強い思いさえあれば、ひとつになれます。

 

イベント出演情報

spacer

2019年8月 萬劇場「夏の短編集」に出演します!

昨年の夏に参加させていただいた、地元大塚の萬劇場が主催する演劇イベント「夏の短編集(SHORT STORY COLLECTION)」に、2019年夏も参加することが決定しました!イベント開催期間は8月8日(木)から8月11日(日)までの4日間。てあとるみのりが出演するのはこの日程のうちの2ステージの予定です。

今のところイベント詳細スケジュールが決まっておりませんので、てあとるみのりがいつ登場するのかはわかりませんが、3団体が対バン形式で各30分間の短編を披露する夏の演劇祭りを、ぜひご期待ください。

大塚で活動を始めて11年以上。地元の劇場が主催するこのイベントに、私たちが参加しないわけにはいきません。期間中は劇場全体がお祭りムードになり、各団体プロデュースのかき氷販売も予定されています(昨年は私たちのかき氷が大賞を受賞しました)。縁日だけでも覗きに来て下さると、大変うれしいです。

チケット販売、出演スケジュールの詳細などは決定次第、こちらのホームページや各種SNSで発信してまいります。今しばらくお待ちください!



第21回公演「織田桐会議」 2019年2月 北池袋 新生館シアターにて!

今度のてあとるみのりは2月9日(土)の「演劇的な一日」からわずか2週間後、2月21日(木)から24日(日)までの4日間、北池袋 新生館シアターで公演を開催します。作品タイトルは「織田桐会議」。9日の「オダギリカイギ」が物語の前半だけのプレ公演であるのに対して、こちらはもちろん完全版です!

物語の舞台はある山間の片田舎にひっそりと存在する織田桐町。若者離れが進み、町の将来が不安視される中、地元商店会の会員たちは町おこし事業について、少々のどかな雰囲気で話し合っていました。しかし、突然国から日本で最初の「消滅危惧都市」に位置付けられたという知らせが舞い込みます。消滅危惧都市とは、5年前に話題になった消滅可能性都市から、さらに消滅の可能性が高まった自治体に対する、最終勧告だったのです。慌てふためく町民たちと織田桐町の行く末を描いた群像劇が「織田桐会議」です。

これまでのてあとるみのりの作品とはまた一味違った、セリフが主体の群像会話劇です。皆様ぜひお誘い合わせの上、ご来場ください! 

公演に関する最新情報は、総監督のTwitter、またはてあとるみのり公式ブログ、てあとるみのりのFacebookページで、随時発信してまいります。併せてご利用ください!


宣伝材料




フライヤー【表】  フライヤー【裏】  予告編動画(ティーザートレーラー) 

稽古風景 ※クリックすると拡大されます

21稽古01 21稽古02 21稽古03 21稽古04 21稽古05 21稽古06 21稽古07 21稽古08 21稽古09 21稽古10


詳細情報

タイトル 織田桐会議 脚本・演出 椙田佳生
公演日程 2019年2月21日(木)~2月24日(日)
​ ①21日19時/②22日14時③19時/④23日14時⑤18時/⑥24日14時
会場 北池袋 新生館シアター 会場アクセス 劇場HPへ
チケット 1名様 1,500円 Web予約
公演特設サイト Facebook特設ページ
お問い合わせ ハートランドみのり☎03-5928-1920(平日9:30~18:30)制作:石塚

豊島区就労移行 豊芯会 豊島区就労移行 豊芯会 豊島区就労移行 豊島区就労移行 豊島区就労移行 豊芯会 豊島区就労移行 豊島区就労移行 豊芯会 豊島区就労移行 豊芯会 豊島区就労移行 豊島区就労移行 豊芯会 豊島区就労移行 豊島区就労移行 豊島区就労移行 豊芯会 豊島区就労移行 豊島区就労移行 豊島区就労移行 豊芯会 豊島区就労移行 豊芯会